道南ロックフェスティバル THE BOOSTER

渡島

年間500万人以上が訪れる観光都市。美しい夜景や新鮮な海の幸、
伝統的な街並みなどが人気を集めている。

江戸時代の名残りを伝えるお城に街並み、とびきりの海産物、
春に見せる満開の桜など、多彩な魅力がある。

北海道の南西部に位置し、南は津軽海峡、北は大千軒岳に囲まれた自然豊かな土地。

するめの生産量が全国最大級。2人の横綱を輩出しており、
「横綱の里」とした町づくりをしている。

本州から来た北海道新幹線が北海道で最初に姿を現す「青函トンネル出入り口のまち」。

イタリア・カプリ島に引けを取らないと評判の「青の洞窟」や特産品のカキやニラが有名。

山々が育んだ「はこだて和牛」や津軽海峡の「ホタテ」など農業・漁業が盛んな街。

平成283月には、北海道新幹線木古内駅や道南いさりび鉄道木古内駅が開業するなど、

「北の大地の始発駅」として新たな役割を担っている。

春に見せる満開の桜など、多彩な魅力がある。

津軽海峡に面した海から採れるホッキ貝を代表とした魚介類、
そしてトマトなどの農作物、

さらに、松前藩戸切地陣屋跡の桜並木など魅力がいっぱい。

明治12年、七重村と飯田村が合併してできたまち。
名前はその両村の頭文字による。

「近代農業発祥の地」として
今もリンゴを始めとしたフルーツ栽培が盛ん。

日本新三景に選ばれた「大沼国定公園」を持つまち。

潮の香りがただよう「海と温泉のまち」。
世界的に珍しい「間歇泉」があり、あちこちで温泉が楽しめる。

駒ケ岳・噴火湾の恵みによって漁業と農業の両方が盛んなまち。

それらの素材を活かしたハイレベルの飲食店も多数。
春は道内屈指の桜の名所としても有名。

ホタテ貝・サケ・スケトウダラなどの漁業と酪農が盛んで、
乳製品工場が操業。

稲作やトウモロコシなどの野菜栽培も行われる。

渡島振興局北部にある町。南北に伸びた地域を擁し、
交通の要衝として昭和時代から栄えてきた町。

檜山

かつて檜材とニシン漁で繁栄を築いたまちには、数多くの歴史的・文化的遺産が残されている。

史跡が点在する歴史あるまち。山野草が咲き乱れる夷王山は自然と眺望に恵まれた観光スポット。

交通の要衝として昭和時代から栄えてきた町。

森と清流に恵まれたまち。ジャガイモの女王メークイン発祥の地としても知られる。

珍しい海のプール元和台海浜公園、風光明媚な岬など、マリンレジャーの拠点として人気がある。

キャンプ、登山、釣りなど、アウトドア派に人気。奇岩が連なる変化に富んだ海岸線も魅力。

清流として知られる後志利別川でラフティングや釣りなど、さまざまな体験ができる。

澄んだ海とブナの森とが織り成す美しい景色に彩られた島。ウニやアワビなど、海の幸の宝庫。

※各市町の画像・名前をクリックするとHPにアクセス出来ます。